医療法人沖縄徳洲会 病院指標を公表しております。

病院情報の公表

令和元年度 四街道徳洲会病院病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

年齢階級別退院患者数 qi01_age_series.tsv

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者 0 20 51 54 136 195 357 625 810 366

【定義】

令和元年度に退院された患者様の年齢階級別(10歳刻み)を表示しています。
当院では、地域の高齢化や施設に入所されている患者様が多いため、全体の7割近くが70歳以上の患者様で占めており、前年対比で約2%UPとなります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) qi02_clinical_departments_top5.tsv

【内科】

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 127 36.2 20.84 3.94 81.79 -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 68 25.91 12.58 4.41 80.63 -
050130xx99000x 心不全 45 31.18 17.71 8.89 83.24 -
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 44 25.34 15.17 11.36 85.73 -
100380xxxxxxxx 体液量減少症 43 18.98 9.13 6.98 75.95 -

内科は、高齢化に伴い誤嚥性肺炎や尿路感染症が多くみられます。また、必要に応じてリハビリの介入も積極的に行っています。

【外科】

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 52 2.5 2.63 0 68.13 -
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 33 7.64 5.39 3.03 58.85 -
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 31 6.1 4.85 0 71.87 -
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 22 9.95 7.65 0 63.05 -
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 17 11.71 8.89 0 74.29 -

外科は、主に消化器系疾患が多く、患者様の年齢や状態に応じて手術や保存的治療を行っています。また、胃潰瘍(良性・悪性)や大腸腫瘍に対して、内視鏡治療を施行しています。

【整形外科】

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 69 37.04 25.94 23.19 83.19 -
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 48 29.17 19.40 27.08 81.04 -
160580xxxxx0xx 腹壁損傷 14 28.79 8.50 0 78.71 -
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 10 8.7 9.65 10 71.4 -
160760xx97xxxx 前腕の骨折 10 4.4 5.54 0 68.8 -

整形外科は、高齢化に伴い転倒による骨折の患者様が多くみられます。状態に応じて手術を行い、術後すぐにリハビリが介入し、早期に在宅へ退院出来るように努めております。

【脳神経外科】

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 34 13.32 7.10 2.94 58.38 -
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 32 31.22 16.13 9.38 68.03 -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 20 4.75 5.01 0 67.25 -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 15 22.8 7.34 13.33 68.87 -
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 11 51.91 18.81 9.09 70.27 -

脳神経外科は、脳梗塞や脳梗塞後のてんかんの患者様が多くみられます。早期にリハビリが介入し在宅へ退院出来るように努めております。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 60 14.15 12.58 6.67 75.55 -
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 31 27.84 11.67 12.9 73.13 -
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 13 42 36.04 0 69.15 -
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 11 2 2.49 0 72.55 -
180010x0xxx3xx 敗血症(1歳以上) 11 32.27 38.85 18.18 68.36 -

泌尿器科では、腎・尿路感染症の患者様が多くみられます。また、透析導入期から導入後の合併症を含めた患者様を受け入れております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 qi03_uicc_type.tsv

初発 再発 病期分類基準(※) 版数
stageⅠ stageⅡ stageⅢ stageⅣ 不明
胃癌 3 1 3 6 3 1 1 7,8
大腸癌 2 6 7 10 5 0 1 8
乳癌 0 0 0 1 2 0 1 8
肺癌 0 2 1 3 0 0 1 8
肝癌 0 0 0 0 5 0 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、胃癌・大腸癌の患者様が多く、早期の場合には内視鏡にて切除を行い、また、外科的手術を施行し、術後化学療法も行なっています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等 qi04_com_acquired.tsv

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 5 9.4 49.2
中等症 126 22.82 76.39
重症 62 27.31 82.31
超重症 36 29.03 85.33
不明 0 0 0

高齢になるほど重症化傾向となっています。

脳梗塞の患者数等 qi05_ci_icd10.tsv

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 132 54.42 78.56 13.07
その他 21 29.29 72.76 1.96

脳梗塞の入院は、発症して3日以内の急性期脳梗塞が大半を占めています。早期に治療を開始し、早い段階からのリハビリを行っています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) qi06_ope_days_top5.tsv

【内科】

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 19 5.89 3.26 0 69.26 -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 14 44.79 42.57 14.29 77.79 -
K654 内視鏡的消化管止血術 7 7 23.14 0 78.43 -
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 5 0.4 7 0 74.2 -
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 5 1.2 8.2 0 67.6 -

内科では薬物治療を主としますが、ポリープ切除や胃ろう造設などの内視鏡治療も行なっています。

【外科】

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満 53 0.32 1.91 0 68.87 -
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 23 5.43 7.35 0 62.96 -
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 21 0.05 2.52 0 67.05 -
K6335 鼠径ヘルニア手術 11 0.82 11.91 0 82.18 -
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 11 6.82 35.27 0 79.45 -

外科では、ポリープ(良性・悪性)切除の内視鏡的治療が多く、また、患者様の身体的負担の軽減を目指して、腹腔鏡下手術を施行しています。

【整形外科】

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 65 2.48 32.97 15.38 82.83 -
K0811 人工骨頭挿入術(股) 19 3.21 38 31.58 79.42 -
K0462 骨折観血的手術(前腕) 18 1.78 20.61 5.56 68.5 -
K0463 骨折観血的手術(足) 7 1.86 27 0 58.86 -
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 5 1 1 0 56.4 -

整形外科では、骨折に対し骨折観血的手術や人工骨頭挿入術を施行しています。術後は早期にリハビリが介入しております。

【脳神経外科】

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 9 2.89 32.56 11.11 81 -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 5 65 68.6 20 78.2 -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 1 18 68 100 79 -
K386 気管切開術 1 32 596 0 82 -

脳神経外科では、慢性硬膜下血腫に対し血腫洗浄除去術を施行しています。

【泌尿器科】

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 14 9.21 14.57 0 74.36 -
K610-3 内シャント設置術 11 15.45 35.82 0 71.09 -
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 9 3.22 2.56 0 64 -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 8 0.25 28.5 12.5 75.38 -
K607-3 上腕動脈表在化法 4 0.5 15.5 0 71 -

泌尿器科では、透析シャントの設置・血栓除去術を施行しています。また、尿管結石に対しESWL(体外衝撃波結石破砕術)を施行しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) qi07_dic_rate.tsv

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 8 0.31
180010 敗血症 同一 17 0.65
異なる 24 0.92
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 26 0.99
異なる 0 0

入院契機の「同一」「異なる」の区別は入院の契機である疾患(入院のきっかけとなった傷病)と、入院中の主な治療目的の疾患が同一か否かというものです。合併症は、どのような術式や疾患でも一定の確率で起こり得るもので、医療ミスとは異なります。が、発生を最小限に留められるように医療の質に取り組んでまいります。

更新履歴

2020/9/28 令和元年度 病院情報を公開しました。