緑内障・白内障・網膜疾患など眼の疾患に対しての専門的な診療、予防

眼科

眼科

眼科とは

目の疾患に対して専門的な診療・予防を行っています。

眼科では以下のような疾患を対象としています。

  • ・近視、遠視、老眼、かすみ、かゆみ、老眼白内障・力内容など
  • ・糖尿病・高血圧・頭蓋内疾患などの全身疾患と関連した眼疾患


受診される方へのお願い

  • 病気の種類により、眼の奥を詳しく調べるために瞳孔を開く目薬を使用して検査をすることがあります。この目薬をすると5〜6時間の間は以下の症状を伴う恐れがあります。車・バイク等の運転をする際には見え方が元に戻るまで運転は避けていただきたいので受診の際にはご考慮ください。
  • 遠近感がつかみにくくなります。 (階段の昇り降り等には十分に注意してください)
  • とてもまぶしく感じることがあります。
  • 手元がかすんで見えにくくなるため、読み書きが困難になることがあります。
  • 眼科医師の紹介

    眼科 川崎いづみ

    川崎 いづみ

     

    日本眼科学会 専門医
    日本医師会認定産業医

    医師からのコメント

    眼科医になりかなりの年月が経ちました。眼科医療機器の進歩、治療に関しましても私が医師になった時とは別世界のものとなってきております。疾患の早期発見、きちんとした管理治療で、今まで「失明」してしまったような疾患でも救う事が出来るようになってきました。眼科疾患はあまり馴染みがないと思いますが、40歳を過ぎましたら「眼」の事も気にして頂けたらと思います。

    対象疾患