年々増加傾向の糖尿病ですが、食事療法、運動療法、薬物療法を上手に組み合わせて合併症などを防ぐことが出来ます。糖尿病治療を積極的に取り組んでいます

腎不全外来

腎不全外来

腎不全外来ついて

日本における国民病として注目されている慢性腎臓病(CKD)とは。

慢性腎臓病(CKD:Chronic Kidney Disease)は腎臓の働き(腎機能)が正常より少し悪い状態や、腎機能は悪くなくてもタンパク尿が出ている状態が3カ月以上続くと、CKDと診断されます。 現在日本では20歳以上の8人に1人(1,300万人)がCKDであると考えられており、日本における「新たな国民病」と言われています。

腎臓病の重症度

腎臓病の重症度は、腎臓のはたらきの程度と、糖尿病や高血圧などの腎臓病の元になっている病気、尿たんぱくの状態を合わせて評価します。

腎臓の重症度

※「eGFR」…血清クレアチニン値、年齢、性別を用いて「eGFR(推算糸球体ろ過量)」を算出し、腎機能の指標として使用します。

自覚症状がなく、放置すれば末期腎不全に至る可能性の高い病気です。

CDKは外来で血液検査や尿検査で簡単に見つけることが出来ます。

腎臓は少し悪くなっただけでは自覚症状がなく、何らかの症状が現れてきた時にはかなり悪くなっている場合が多くあります。 そこで、自覚症状のない初期の段階から患者さんを見つけ出し、早めに治療を開始することで、末期腎不全にまで至らないようにするためCKDという病気の考え方が生まれました。 CKDは一般の腎機能を調べるための血液検査や尿検査で比較的簡単に見つけることができます。

心筋梗塞や脳梗塞などの危険性も高めます。

CKDが注目されるもう一つの大きな理由は、末期腎不全になりやすいだけでなく、心筋梗塞や脳梗塞などの心血管疾患の危険性も高めることがわかってきたことです。 末期腎不全に至る以前に、心血管疾患を起こして亡くなってしまうことが多いとも言われます。 そこで、CKDを見つけて治療することは、腎臓だけでなく、心臓や脳を守ることにもなるのです。 また、心血管疾患を持つ患者さんの多くで腎機能の低下がみられることもわかってきました。 最近では、肥満やメタボリックシンドロームの方もCKDになりやすいといわれています。

透析療法選択支援

CKDが進行し、医師より透析が必要と説明を受けられた患者さんに対して、看護師より「血液透析」「腹膜透析」「腎移植」の特徴を説明いたします。 患者さんの生活に合った治療法を一緒に考え、自己選択・決定をサポートさせていただきます。

腎不全3つの治療法

血液透析

血液透析

血液を体外へ送り出し、ダイアライザーを使って血液中の老廃物や塩分・水分を取り除き、血液をきれいにします。


復膜透析

腹膜透析

体内の腹膜に透析液を出し入れして、血液中の老廃物や塩分・水分を取り除き、血液をきれいにします。


腎移植

適合する腎臓が提供されると、移植を受けることができます。しかし、日本においてはその数が著しく少ないのが現状です。 拒絶反応を抑える免疫抑制剤を飲み続ける必要があります。

腎不全医師の紹介

森田 祐司

泌尿器科医師

日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医
日本透析医学会 透析専門医